2017年7月8日久々の遠州灘サーフ!ハウルでヒラメ(ソゲ)釣ってきた!

0

どうもDsukeです。

いつの間にやら7月に入り、昼間の釣りが厳しい季節になってきました。

そんな中私は、ほぼ毎週、知多半島南部の漁港へ釣りに出かけてました。

しかし、狙う魚はキス
小さいながらもハゼやメゴチとは明らかに違うアタリと引きに魅せられ、
休みの度にキスを釣りに行ってました。

スポンサードリンク


なぜ休みがあるにもかかわらず大好きなヒラメ釣りに行ってなかったというと、
この時期のヒラメ釣りは日の出から日没までやって釣れるか釣れないかというところ。

行ったからには釣り上げたいけど、まるっと一日費やせる時間がなくてなかなか遠州灘まで行くことができませんでした。

昨日は久々に一日釣りができる時間が作れたので、久々に行ってみることにしました。

出発時間は前日の夜23時

湖西付近のサーフへ到着したのが深夜1時ごろ

それから3時間ほど仮眠をとり、4時から実釣開始。

この日は大潮で満潮は4時半頃。風もないし波も小さくやりやすそう。

今日はハウルで粘ると決めていたのでひたすらハウルを投げました。

↓前回、良型ヒラメを釣ったハウル

4色ほどカラーをローテーションしていましたが、

やはり朝マズメといってもそう簡単には釣れません。

正直、ヒラメ釣りに行って朝マズメで釣れたというのはほんの2~3回ほど。

私の中で、夏のヒラメ釣りにが最も熱い時間・・・・
それは7時~8時くらい、完全に日も出て明るくなってからです!

この日は珍しく水が超キレイ!こんなクリアーな日も珍しいということで、
ナチュラル系カラーのイワシシルバーラメで攻めてみる。。。
スポンサードリンク



↓ツレギスヘッドとイワシシルバーラメの組み合わせ

と、案の定7時過ぎ、

ひたすらハウルを投げてはタダ巻きたまにストップさせる感じで巻いていると・・・

ゴッ!!!

ヒラメ釣りをしていてここまで明確にあたりを感じたのは初めてというほど強烈なアタリ!

最後の最後でばらしてしまうも何故かその場にとどまっていたヒラメちゃんを発見!

素手でがっつりキャッチし、証拠写真を残してリリースしました。

その後は、粘りに粘りましたが舌平目が3匹引っかかってくるだけで、

日も落ちて納竿としました。

いやー楽しかった!!

そして筋肉痛><

ちなみに今回のタックル

ロッド ネッサ CI4+ S1008MMH

リール 16 バンキッシュ4000XG

ライン ヨツアミ8X pe25ポンド(1.2号)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA