「ツール」カテゴリーアーカイブ

Umibozu(ウミボウズ)の計量機能付きフィッシュグリップを買ってみたらめっちゃ良かった!

0

どうもDsukeです。

今までずっと欲しかったけどなかなか買い替えなかったもの・・・

そうフィッシュグリップです。

↓これ

 

安全に魚をつかむための道具です。

↓こんな感じに。

 

これは約1年前にAmazonで1,000円くらいで購入したフィッシュグリップです。

ちゃんと使えます。使えるけど・・・かっこ悪い・・・

スポンサードリンク


フィッシュグリップにかっこよさを求める?

そう思っていた時期が私にもありました。

しかし一度そう思ってしまったら仕方ありません。
かっこいいの買わなくてわ。

てなわけでどれを買うかまたもやAmazonで検索ぅ!

まずは安全面を考えてある程度大きいもの。

魚の口を挟む部分からトリガー部分はなるべく離れているタイプ。

そして軽いもの。

値段がお手頃なもの・・・

このフィッシュグリップ、ただ魚を掴む道具なのに高いものはやたらと高い

高いものだと1万以上から4万円くらいのものまである。

魚掴むだけなのに。

まぁこの手のものは所有感がいいのだろうけど。

そんな私もその所有感を得るために1万程度のものを検討しましたがやはりAmazonで買うからにはレビューは無視できない。

というわけで評価の高いものの中から見つけたのが今回購入したUmibozu(ウミボウズ)のフィッシュグリップ!

私が購入時のお値段・・・2,980円!

1万円程度のものを購入しようと考えていたので、かなり安上がりにできました。

 

↓こんな感じ。どうすか!?かっこよくないっすか!

作りはしっかりとしています。

トリガー部分の引き心地もなめらかで非常に良いです。

ちなみに前使っていたものとの比較

前使っていたもののデザイン性の無さが浮き彫りに!

大きさも一回り大きくなり写真映えしそうですね。

やはり釣りは証拠を残してナンボ。写真をかっこよく撮るのも釣りの楽しみの一つじゃないですか?その時になるべくカッコいい道具で飾りたいですからフィッシュグリップにも拘ります!(ある程度)

このフィッシュグリップは主にサーフで使いますが、その時に気になるのが重さ。

サーフはウェーダーにフローティングベスト、そして重量感のあるルアーをたくさん身にまとってひたすら歩きながらの釣りになります。

その時にちょっとでも軽いほうが体への負担が減りますよね。

なのでできるだけ軽いものがいいのですが、このフィッシュグリップの気になる重さは・・・・

↓まずは従来品 168gまずまずの重さ

↓そして今回のフィッシュグリップ・・・223g

55g増えてる・・・

まぁ承知はしてたけど。
スポンサードリンク


実は同じウミボウズで高評価で軽いものがありました。

私は釣った魚の大きさを計っては写真を撮って記録に残すんですが。重さも記録に残したい!!という思いがあって今回の計量機能付きのものにしました。
1キロから20キロまで計れるとのことです。
また、計量器がついているとグリップ部分を軸に回転します。
これにより大きな魚を掴んだ場合、魚が大きく暴れても外れにくいみたいです。
側面はむき出しとなってますが、これは逆にメンテナンスがしやすいということですので、気になりません。
クロー部分は従来品に比べて大きく開くので、魚の口を掴みやすくなっていると思います。
まだこれをもって釣りをしてないですが、次の釣りが楽しみです。早くこれを使って記念写真を残したいなーと思ってます!
ところで、Amazonでフィッシュグリップを探してたところ、実はめっちゃほしいのがありました。予算の都合上断念しましたけど。エヴァンゲリオン初号機バージョンのフィッシュグリップ(笑)
0

【ヒラメ釣り】私が選んだリールはヴァンキッシュ4000XG

2+

どうもDsukeです。

今回は私が一番好きなヒラメ釣りで愛用しているヴァンキッシュを紹介します。

スポンサードリンク



私がサーフでのヒラメ釣りを始めたのは去年の8月です。初めてやったサーフでのタックルといえば・・・

 

・ロッド   ソマノ ソルティーアドバンス シーバスS906ML
・リール  シマノ ナスキーC3000
・ルアー  DUO ハウル28g

このタックルで挑み飛距離もでず撃沈しました(笑)

ヒラメ釣りのことを予備知識もなくシーバス初心者タックルで行ったわけです。ただし、同行していた後輩はシーバスタックルでヒラメを釣ったんです。それを横で目の当たりにして以来、ヒラメ釣りにどっぷりハマってしまいました。

リベンジを果たすべく、タックルを購入することにしました。

手始めに購入したロッドがメジャークラフト スカイロードサーフモデル
SLR-1062SURFです。

サーフロッドで高すぎず安すぎずのところでこれをチョイスしました。

そしてこれに合わせたリールが ダイワ フリームス3012H

このリールも手頃な価格だったので購入しました。

このリールは多少ずっしり感は否めないものの巻き心地がなめらかで大変気に入っており9月10月は遠州灘サーフでたくさんの魚を釣らせてもらいました。

しかし!サーフ初心者の私は魚が釣れるたびにロッドを浜辺に寝かせ、写真を撮るなどしていたため、リール内部に砂が入り込み巻き心地はゴッリゴリで最悪なものになりました。1万3000円で購入したリールが一か月ちょっと数回の釣行でダメになってしまいました。

所詮この程度の価格のものにマグシールドが入っているからと言ってもサーフという水しぶきや砂の舞う過酷な場所ではあまり意味をなさないのかもしれません。

修理に出しても1万円かかるといわれたので、修理は諦め改めてリールを購入することに決めました。

次は何にしようかと・・・

ストラディック・・・バイオマスター・・・ツインパワー・・・セルテート・・・ヴァンキッシュ・・・

悩みに悩んだ挙句、去年出たばかりのnewバンキッシュ4000XGに決めました!

理由は簡単、高いのいっとけば性能面で後悔することはないだろうとという考え(笑)

それに、ヒラメのルアー釣りの第一人者、ホッティーも勧めてたのでヒラメ釣りでは申し分ないはず!

ということでAmazonにてポチっとな!

ついでにちょっと憧れていたパワーハンドルノブとリールスタンドも同時にポチっとな!

既に何度も実釣しているので糸の色がくすんでますが、リールスタンドとパワーハンドルノブを装着した状態がこちら↓

パワーハンドルノブとリールスタンドはアルミの塊なのでそこそこ重いが、全体の重さを図ってみると264gでした。ちなみに標準のカタログ値では240gです。24g重くなるわけですが、性能アップというよりこれは見た目重視でとにかく付けたかったので、仕方ない重量アップです(笑)

標準フリームスの重さを図ってみると・・・

重すぎワロタ

フリームスは安くてなめらかで気に入っていましたが、やはり軽さが一番の売りのヴァンキッシュを手にしてしまうともう戻れません。

また、ヴァンキッシュはカスタムパーツと合わせるとネットでも5万以上するリールですので、取り扱いが自然と丁寧になります。高い買い物ですが、安いリールを購入すると、まだ使えるにも関わらず、ワンランク上のリールがほしくなる。そういった悩みから解放されます(笑)

性能は言わずもがな申し分なく、今のところトラブルなしです!

サーフでの釣りは基本フルキャストをしまくるわけですが、ナスキーではよくおきたバックラッシュはまだ一度もおきてないところに感心しています。

またXGなので一回の巻取り量が多い(最大ハンドル1回転99㎝)ためサーフの遠投での釣りが楽になりました。

早くヒラメ釣りに行ってヴァンキッシュを官能したいなーと思うわけですが、なかなか遠州灘までは行く暇もなく、結局出番が一番多いのは近場での釣りで使うナスキーちゃんです(笑)

 

 

スポンサードリンク



2+

ベストセラー!プロックスのハードロッドケース買ってみた!

1+

どうもDsukeです。

去年はサーフでのヒラメ釣りにどっぷりハマり、サーフロッドを2本購入しました。

しかし、現在まったく使っておりません。この時期遠州灘へ行くのは気合がいりすぎて・・・

そんなわけで部屋の片隅で埃をかぶりかけている私のサーフロッドちゃん、ついに使うときがきました!

撮影用の小道具として(笑)

撮影場所は沖縄!!(^o^)/

スポンサードリンク



とある記念撮影の1カットととして自分の趣味で使っている釣り竿をどうしても使いたい><

というわけで飛行機で移動になるわけですが、後から気が付きました。

お気に入りのサーフロッド【NESSA CI4+ s1008MMH】これ、スーツケースに明らかに入らん。

3ピースなので2ピースよりは短いけど、そもそもが10ft越えのロッドなので、仕舞寸法が115.3㎝・・・振り出し竿ならスーツケース入るけど、妥協したくない!!

・・・どうしようかと考えていたところ、そもそも釣り竿って飛行機で持っていくときどうやって持っていくのだろうかと疑問に思いググってみた結果、普通にロッドケースに入れたうえで荷物として預けるのが一般的らしい。

なるほど。というわけで、早速適当な、ハードタイプのロッドケースがないかAmazonで調べてみると色んなものが出てきました。

そんな中でベストセラー1位として載ってたのがプロックスのハードロッドケース!

車移動での釣行ではケースは使うことがまずないので、使用頻度から考えても一番安いもの、飛行機での移動で使えるものということでこのケースを選びました。

届いたケースがこれ↓

まず開封してみて思ったのがバズーカ砲(笑)

このケース、筒が二重構造になっていてひねって上部を引き上げることで83㎝から148㎝の竿が収納可能です。

私のNESSAは仕舞寸法115.3㎝ということで十分収まります。
左が最短時、右が最長時のケース こうして見ると武器の様です。(笑)

私が初めて買ったサーフロッド、メジャークライフトのスカイロード【SKR-1062SURF】を並べてみた結果。

 

いけるか!?と思ったけど10㎝ほど足りませんでした( ノД`)
そりゃそうですよね。単純に考えて10ftで304.8㎝。
2ピースなので152.4㎝、ハードケースの内寸は148㎝なので10ft以上のある2ピースロッドは入りません。

ちなみにロッドは2・3本は入りそうです。

見た目がバズーカ砲のようでごつくてデカいですが、2,000円で遠征時の保護用と考えれば十分使えそうです。

これで、沖縄行ってちょっとだけジギングしてこようと思ってます!!(*^^)v

スポンサードリンク



1+

これで根がかりもこわくない!FGノットがすぐできるノットアシスト2.0を使ってみた!

0

どうもDsukeです。

前回の投稿でPEラインのすばらしさを紹介しましたが、PEラインを使用する上でネックなのが、リーダーをつけないといけないところです。

PEラインは擦れに弱く、ルアーを直接結ぶと海底の岩や魚の歯などがラインに当たってしまうことで簡単に切れてしまいます。

それを防ぐためにPEラインの先端に50㎝から2mフロロカーボンやナイロンのラインを結びます。これがリーダーです。ショックリーダーとも言います。

で、PEラインとリーダーをどのように結ぶのか、ただ適当に結んでいてはルアーを投げるとき、大物がかかった時に切れて非常に悔しい思いをしてしまいます。

ですから、PEとリーダーを結ぶ時には結束強度が高い結び方をしなければいけません。結び方は色んな結び方があり、強度もそれぞれ異なりますが、有名なものはFGノットと言われる結び方ではないでしょうか? ↓これがFGノット

で、このFGノット、結束強度が高く、見た目もきれいなのですがとにかく結ぶのがめんどくさいんです。

釣り場で根がかりなどで切れてしまった場合に結び直すのに、15分くらいはかかってしまうんじゃないでしょうか?その間に時合を逃してしまうかもしれません。
というか私は結べません。手がもう2本ほどないとできません。笑

これではPEラインを使う上で致命的ですね。><

スポンサードリンク



そこでこんな道具を見つけました。
↓これです。

第一精工(株)のノットアシスト2.0です。
これ釣具屋で見つけたとき3,600円で売ってましたが買うか非常に悩みました。

なんでこのプラスチックがこんなに高いの・・・?って。

でも買いました。これでリーダーが簡単に結べるようになるなら安いものだと言い聞かせて・・・

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック【あす楽対応】

価格:2,976円
(2017/1/5 23:01時点)
感想(6件)

詳細は割愛しますが使い方はこんな感じ。
↓まずはPEラインを赤線のように2か所に巻き付けてセットする。

↓次にリーダーを青線のようにセットして編み込んでいく。

 

↓編み込むとこのようになります。

↓その後ハーフヒッチを繰り返しエンドノットで完成!

この道具、使ってみてわかったのがめちゃめちゃ便利!
足りない手をこの道具が補ってくれてます。糸をピンと張っていてくれるならそこにリーダーを編み込むことは何にも難しくありません。

釣りの上級者からしたら早いのか遅いのかわかりませんが、
このノットアシストを使えば釣り場で結んでも3分ほどできれいなFGノットができますよ!これならPEラインも抵抗感なく扱えるんじゃないでしょうか?

私が買ってきた釣り道具の中でもこのノットアシストは買って良かったものランキングの上位に入るほど良かったですよ!これならあの値段も納得です!

0

#3(2016振り返り) PEラインとの出会い

0

10年ほど前はバス釣りをよくしてました。その時代は釣具屋へ行って適当に自分の感覚で釣れそうな道具を揃えてという具合でとにかく道具はいい加減でした。釣りは道具ではなく腕だと自分に言い聞かせて安物を買い揃えて、高いものには見ないようにしてました。ですから高価なPEラインの存在などその時は知る由もありませんでした。

時は流れ2016年5月、後輩くんがシーバスを釣りに行こうと言うので近くの港へ。
私のタックルは10年前の安物バスロッドと安物のリール。当然巻いているラインはナイロン。

何回かキャストしているとバックラッシュ・・・そして再起不能状態に・・・。

そこでリールをもう一つ持ってきているという後輩くんにリールを借りることにしました。
この時初めてPEラインというものを手にしました!

まず驚いたのがラインの細さで、私が使っていたリールのナイロンラインは2号でこれでも細いと思っていました。これに対して後輩くんのリールのPEラインは0.8号・・・。

ほそっ!!!!

自分の2号のラインでも40センチ級のシーバスかかったら切れるんじゃないかとか思ってたのに0.8て!しかも見るからに頼りなく、裁縫道具の糸のようなイメージを持ちました。後輩曰く強度に関してはナイロンの3号に匹敵するとのことです。

そして、10数g程度のルアーですが切れるんじゃないかと恐る恐るキャストしてみるとこれまた驚き!

めっちゃ飛ぶ!!

ナイロンラインは太く巻き癖も付くためキャスト時にライン自体が空気抵抗や反発力を持っており飛行中のルアーにブレーキをかけてしまいますが、PEラインは細い上に全く巻き癖の付かないラインなのでナイロンほど飛行中のルアーにブレーキをかけません。

s__28573698←ちなみにこれ、1号のPEラインに20lbのフロロカーボンのリーダーを結んでリールに何日も巻き付けてあったものです。写真だとわかりにくいですがフロロカーボンには巻き癖がついているのにPEは全く巻き癖がついていません。ナイロンもフロロ同様に巻き癖が付きます。これがキャスト時のルアーに対する反発力となり飛距離を低下させる一要因になっていると思います。

 

 

話を戻してシーバス釣りですがこの日は結局釣れませんでした。しかし、得たものは大きかったです。

ラインを替えるだけで飛距離が倍違ってくる!飛距離を稼ぐには重いルアーを投げるしかないと思っていた私にとって目から鱗でした。

しかし、PEラインもデメリットはあります。

根ズレに弱い為、先端部分に1メートル~2メートルほどショックリーダーというラインを結ばなければいけません。↓こんな感じで結びます。

s__28573699

で、この結び方は一般的な結び方で【FGノット】という結び方です。

 

このFGノットが本当にめんどくさい!!!

 

しかし、この壁を乗り越えてPEラインを使いこなすことで、今まで届かなかった未開の地へルアーを投入することができると思えばこんな苦労どうということはありません。

さすがに一投目で根がかりとか萎えますけどね笑

PEラインはその他にもメリットがあるため、今では手放せない釣りの必須アイテムとなってます。

 

 

0