【必須アイテム】FGノットが簡単にできるノットアシスト2.0 2020年6月更新

どうもDsukeです。

今回は初心者でも簡単にFGノットができるノットアシスト2.0を紹介します。

遠投がモノをいうショアジギングやサーフでの釣り、またシーバスなど、今やPEラインを使うことがスタンダードではないでしょうか?

私も初めてPEを使ったときはその飛距離に感動しました。

しかしPEラインを使うためにはショックリーダーを結束しなければいけません。

リーダーの結び方にはたくさんのパターンがあるみたいですが、最も有名なのがFGノットではないでしょうか?

FGノットとはPEラインとリーダーの結束強度が他の結び方と比べ高く、サーフでのフラットフィッシュや青物にも対応できる為、ある程度大物を狙っているアングラーには必須の結び方となります。

しかし、意外にも釣り歴の長い人でもFGノットができない人や、いい加減なFGノット、またはできても10分以上かかってしまうという人もいます。

これでは万が一ラインが切れてしまったときに非常に困りますよね。

そこでノットアシスト2.0ですよ。

めちゃめちゃ便利なツールなので常にベストのポケットに入れておくとよいでしょう。

↓これがFGノット

で、このFGノット、結束強度が高く、見た目もきれいなのですがとにかく結ぶのがめんどくさいんです。

youtubeなどで結び方が紹介されていますが、初心者が道具もなしに海で且つ短時間にFGノットをやるのは厳しいでしょう。

むしろFGノットがめんどくさいがゆえに釣り自体めんどくさいと思うかもしれません。

また、FGノットができたとしても時間をかけていては折角の地合いを逃してしまうかもしれません。

これではPEラインを使う上で致命的ですね。><

 

そこでこんな道具を見つけました。
↓これです。

第一精工(株)のノットアシスト2.0です。
これ釣具屋で見つけたとき3,600円で売ってましたが買うか非常に悩みました。

なんでこのプラスチックがこんなに高いの・・・?って。

でも買いました。これでリーダーが簡単に結べるようになるなら安いものだと言い聞かせて・・・

 

第一精工 ノットアシスト 2.0 カーボンブラック【あす楽対応】

価格:2,976円
(2017/1/5 23:01時点)
感想(6件)

詳細は割愛しますが使い方はこんな感じ。
↓まずはPEラインを赤線のように2か所に巻き付けてセットする。

↓次にリーダーを青線のようにセットして編み込んでいく。

↓編み込むとこのようになります。

↓その後ハーフヒッチを繰り返しエンドノットで完成!

この道具、使ってみてわかったのがめちゃめちゃ便利!
足りない手をこの道具が補ってくれてます。糸をピンと張っていてくれるならそこにリーダーを編み込むことは何にも難しくありません。

釣りの上級者からしたら早いのか遅いのかわかりませんが、
このノットアシストを使えば釣り場で結んでも3分ほどできれいなFGノットができますよ!これならPEラインも抵抗感なく扱えるんじゃないでしょうか?

私が買ってきた釣り道具の中でもこのノットアシストは買って良かったものランキングの上位に入るほど良かったですよ!これならあの値段も納得です!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA