軽トラ、ハイゼットの荷台にイレクターパイプを組む!

マイホームに住んでから早数年、新たな悩みが、DIYで木材や土の運搬、またゴミの処分などが思うようにできないことでした。今まで使っていた車では毎回車内が汚れるし、長いものは入らないしで、いつか軽トラほしいなぁなんて思って探していたところ、中古で状態が中々良いものが手に入りました!

ダイハツのハイゼット!

しかもミッションの4WD!これで普段の生活はもとより、釣りも捗るなぁなんて思いつつ、一つ問題なのが、釣りの時の車中泊どうしよう・・・?

今までは車はワゴンタイプなので、後ろの席を倒せば一応寝るほどのスペースができて、釣行時の昼休憩はそこで昼寝をしていたのですが、軽トラではそれができない!でも軽トラで釣りに行きたい!

そして軽トラで釣りに行った結果・・・笑

さくがにこれはきついっす。体をくノ字にして一夜を過ごしたわけですが辛すぎる・・・。

てなわけで、色々調べてみると、今軽トラはソロキャンパーに間で流行ってるらしい、そんな中色んなキャンプ仕様にカスタムしている人や、単管パイプでキャリアを組んだり、木材でキャンピングカーのように作っちゃってる強者もいました。

私の中ではあまりお金もかけたくないなぁなんて考えながら、実際私に出来そうなことは単管パイプを荷台にキャリアを組むことかなと思い、参考になるような動画やブログを読み漁っていました。

すると、イレクターパイプなるものを発見!私の人生ではパイプといえば単管パイプしか知らなかったので、興味津々で参考資料を漁っていました。

単管パイプではなくてなぜイレクターパイプが気になったかというと、軽くて強い、そして黒(その他の色もあり)だったから。単管パイプ組んで、ラッカースプレーで黒に塗装しようと考えてたので、その手間が無くなるのはありがたい。

更に、ジョイントも様々なタイプのものが用意されているので、見た目もスッキリして、その上で拡張性も高い。

また、ガソリン代が高騰している昨今、単管パイプで組んだ重たいキャリアは燃費に影響しそうだったので、軽くて頑丈というのは材料を選ぶ上で大きなポイントとなりました。

イレクターパイプとジョイント部材、そしてイレクターパイプ用カッター

このイレクターパイプを軽トラの荷台に収まるように計ってはカットしてを繰り返し、

組み立てたものを軽トラにのっけて、

屋台かな?

というわけで、軽トラ快適化計画つづく。

0

この記事を書いた人

2016年4月メバルを釣って以来、釣りにドはまり現在は遠州灘でヒラメをメインに釣りを楽しんでるリーマンアングラーです。
釣りに役立つ道具や情報など日記を通して紹介できればと思ってますのでよろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる