「ネッサ」タグアーカイブ

12月 冬の遠州灘サーフでもスピンブリーズが熱い!!

どうもD-SUKEです。

すっかり冬ですね。

いやー毎朝の通勤辛いっす。

こんなに寒いのに海で魚って釣れるの?と思ってしまいますが、

遠州灘ではそうではなかったんです。

8月下旬から11月までボウズなし!今年は好調!

いつまでこの状況が続くのだろうか

ボウズ連発するまではシーズンオフにはできない!

ということで12月の3日も何とかヒラメを1匹ゲットでき、

しかも持ち帰ることができました!

スポンサードリンク


その時のヒラメがこちら!44㎝

ハウルヘッドアカキン21g+ハウルシャッド(バブルガムピンク)の組み合わせでがっつり食ってきましたよ!
その時の一部始終はこちら↓

この結果を受けてまだいけるぞ!と思った私は翌週も釣りに出かけました。

まだ今年は青物釣ってないし諦めきれないということもありましたしね。

そして12月10日。

いやー寒い。

案の定、前日の夜に現地について車の中で寝るというパターンです。

夜中寒すぎワロタですわ。

まぁでも毛布と掛け布団抱き枕持って行ったおかげで何とか熟睡することができましたよ。

そして朝は5時半起き!大体日の出の1時間前には釣りを始めるようにしないと人が多すぎて入るスキがないレベル。

しかし、最近思ったのが、朝一よりも夕方のほうが釣れる!ということ。

この日も朝日の薄明かりのなかでやっていたがここ最近朝一に釣れたことがない。

いや、周りの人は釣れてるんだけども。

ただしこの時期の海は生命感に満ち溢れています。

海一面が真黒くなるほどベイトの大群が居ます。

そんな中引っかかってきたのがこちら

イワシかな?
海を黒く染めている正体はこの魚だと思います。

しかし、ベイトはいてもボイルはなく、ジグを投げても投げても反応はないような状況でした。

日もかなり上ってきて時刻は8時52分

ダメもとで投げていたスピンブリーズピンクファイアーについに反応が!!

持ち帰りサイズ!41㎝ヒラメ!

私の上半身を覆いつくしそうなほどの大ヒラメ!
すみません完全に遠近法です(笑)

スポンサードリンク


ウミボウズのフィッシュグリップを使うようになってからいい写真が撮れるようになった気がします。
 
午前の部はこの一枚で終了。
帰りの運転するための体力を回復させるために3時間ほど車の中で爆睡します。
 
午後は人も少なくなり、フィールド貸し切り状態になります。
同じ場所で粘り続けるより移動しながら魚を探していくほうが私としては釣果が上がっているので、私は午後の釣りは好きです。
 
しかしこの時期、やはり9月10月ほどバンバン釣れるわけでもなく反応のないまま時間だけが過ぎてゆき、日没間際まで来てしまいました。
 
そんな時ふと目の前でライズが起きていました!
それもホント手前、引き波の時は水がなくなるような場所で。
この写真の左上の辺りです。
 
多分シーバスです。驚いたベイトが逃げていました。
 
この二年間サーフに通っていつかはシーバスを釣りたいと思っていました。
このチャンスものにしたい!ということで、シーバスと言えばデッドスロー巻け!と教えられていたので実践してみることに。
 
使うルアーはスピンブリーズのチャートキャンディ
 
キャストして竿を立てて表層から中層辺りを意識してゆっくり巻くことに。
 
すると・・・・
 
コンコンッという感触の後に重みが伝わってきた!
このチャンスを逃すまいとがっつり合わせました!
 
結構いい引きをするし、これは確実にシーバスだろと舞い上がる気持ちを抑えて慎重に巻き上げることに。
 
そして釣れた魚がこちら!
43㎝ヒラメ!
 
魚の姿が見えた瞬間ヒラメかい!と思ったけどメインとしてはヒラメを釣りに来ているので十分嬉しい。
 
しかし、シーバス釣りたかったなぁ
 
今年はヒラメマゴチは良く釣ったけど青物は釣れなかったなぁ・・・
 
やはりまだ釣り納めることはできない!
次回シーバス対策をして釣り納めに行ってきます!
 
次回はこのスイッチヒッター105S不夜城を朝まずめ夕まずめに漂わせてシーバスを狙っていこうと思います!
 
ではまた!!
 
 
私の使用しているタックル紹介
ロッド シマノ ネッサCI4+ S1008MMH
リール シマノ 16ヴァンキッシュ 4000XG
 

0

2017年9月4日遠州灘サーフ、スピンブリーズとヒラメミノーⅢでヒラメとマゴチ釣ったよ!

どうもDsukeです。

先週に引き続き今回(2017年9月4日)も遠州灘サーフに行ってまいりました。

この日の状況はこちら!

日の出が5時27分ということで、4時半ごろ現地へ到着し少し明るくなるのを待って釣りを開始しました。

今回のタックル紹介

ロッド ネッサ CI4+ S1008MMH

リール 16 バンキッシュ4000XG

ライン ヨツアミ8X pe25ポンド(1.2号)

 

今回はプラッギング縛りで頑張ろうと意気込んでおり、

まずは前回、前々回と調子の良かったスピンドリフトから投入。

・・・・反応なし。

ここ最近の釣行で私の考えが少し変わってきました。

一口サイズの小さめのシルエットのジグなどのほうが前は釣れる気がしたので好きでしたが、今は(この時期は、なのかもしれないが)大きなシルエットで広い海の中でしっかりアピールできるルアーのほうが釣れる!

ということで、前回初の快挙を成し遂げてくれた、スピンブリーズを投入することに。

スピンブリーズ130S(ピンクファイヤー)30g

やはり8月下旬から魚の活性が大幅に上がっていると感じました。

スピンブリーズを数投してみるとすぐにバイトがあり、乗らず。
しかし、すぐに追い食い、のらず、また追い食い。というのがあり、期待感もMAXに。

数分後、スピンブリーズをストップアンドゴー(ストップは一瞬止める程度)で巻いているとググッ!と重みが手に伝わりがっつり合わせました。

結果。いい感じにフッキングしてました!

大きなルアーが写真映えします!

36~37㎝程度のヒラメ(ソゲ)でしたが、プラッギングで初めて釣ったのでうれしい一枚♪

こいつは小さいしまだ釣れる気マンマンだったので、リリースすることにしました。

さて、一匹釣って気持ちに余裕が出たので、前回ばらして悔しい思いをしたヒラメミノーⅢ125Fでリベンジ!

↓これがヒラメミノーⅢ125F 23g

サーフでのフラットフィッシュ狙いだとルアーは基本的にシンキングタイプになりますが、こちらはフローティングタイプ。

ヒラメミノーというネーミングではありますが、私としては、表層漂わせてシーバスなんか釣れないかなーと期待を込めて購入したものです。

しかしこのルアー結構よく潜る。
遠州灘の遠浅サーフではボトムノックしてくるのでタダ巻きではもはやシンキングタイプと変らないレンジを泳いでると思います(笑)

そしてこの日遂にやりやした!

↓マゴチ!

小さいながらもこのサイズのルアーを食ってこれるのね。。。

35㎝程度だろうか。

正直、食べるならヒラメよりマゴチのほうが好きですが、
さすがにこのサイズでは身があまりとれないので、こいつもリリースしました。

いやーしかしこの日はもはやなんでも釣れるなと感じました。

実はスピンブリーズがもう一つボックスに眠っているので使ってみることにしました。

↓スピンブリーズ130S(カガヤキヒラメキャンディ)30g

釣るなら今しかない!ということで投入。

 

スピンブリーズは普通に投げて50mくらいの飛距離でしょうかね?正直めっちゃ飛ぶとは言えませんが、アピール力がやはり強いのか魚を寄せてくる力が本当にあるんじゃないかと思います。

このスピンブリーズも数投したところできました!

しかもめっちゃ手前!5~6m先でのヒットでした。

恐らく追ってきてたものが手前で食ったのだと思います。

やはり、プラグで釣ると写真映えしますよね!?
このサイズのルアーで堂々と釣ってやったんだぜっていう証拠写真がこちら↓

堂々と釣った割には39㎝・・・惜しくもソゲでした。

こいつは持ち帰ることにしました。

いや今回はプラッギングが楽しめて最高の一日でしたよ。

まぁ実は5時半から7時半までの間に3匹釣れたってだけなんですけど(笑)

車でひと眠りして午後も頑張ろうと意気込んでたんですけど、ゴミが湧いてきてしまって釣りにならず、結局この日の釣果はこの3匹でした。

しかし、プラグって釣れるもんですね?

一時期ブラックバスをやってた時期があって、その頃、安物のプラグしか買えなかったせいもあってか「プラグ=釣れない」というイメージがずっとあって使ってこなかったんですが、これほど釣れるとは。。。

でも、やはり一番重要なのはルアーを信じて諦めず投げ続けるということだと思います。

持ち帰ったヒラメは昆布締めとから揚げで美味しくいただきました!

ところで、サイレントアサシン140㎜Fを入手しましたので、

次回はサイレントアサシンでやったります!!

 

 

0