2017年4月30日遠州灘(恋路ヶ浜)サーフでの釣りの結果、デカマゴチ!

0

どうもDsukeです。

今日は待ちに待った遠州灘での釣りに後輩と行ってきました!

スポンサードリンク


朝3時半に家を出て潮見付近のサーフに着いたのが6時頃、既に朝まずめを取りこぼした感はありましたが、50メートル先ではボラがハネまくって生命感を感じられる状況、風もなく穏やかでとてもやりやすかったですが・・・釣れん・・・

朝10時までひたすらフリッパーを投げて投げて投げまくりましたが全く反応なし!

こうなってくるといつも思うのが、

このエリアには本当に魚がいるのだろうか・・・?
魚が全くいないところにただひたすらルアーを投げまくっているだけなのか・・・

さすがに心が折れかけたので場所を豊橋方面へと移動。

七根付近エリアの海へとりあえず向かいましたが、はやり水が濁っている。

せっかくのGW!悔いの残らぬよう全力で行こう!と決め、伊良湖岬の恋路ヶ浜まで移動することにしました。

昼の12頃到着、波は手前が掘れててドッカンダンバー

やりにくい・・・

とりあえず浜辺で1時間ほど寝てから移動。

西の浜へ。

西の浜は内海になるのでとても穏やか、釣れそうな雰囲気はあるが、ほぼ毎投海藻が引っかかってくる。夕方5時まで粘るも心折れて最後のあがきということで先ほどの恋路ヶ浜まで戻ることに。

夕まずめ最後の勝負ということでフリッパーをひたすら投げる。

何故か、釣れそうな気がする!

竿先に意識を集中し、ストップアンドゴーでゆっくりと引いてくる。恋路が浜はどん深になっているためボトムをしっかりととることに気を付けて、暗くなるまで投げまくりです。

18時30分。

もう駄目ですねこりゃ。と後輩が諦めかけて、駐車場へ向かいながらも投げていると!

キター!!

と後輩の声が聞こえました。

振り返ると竿先がグングンとしなり、明らかに大物がかかっている様子。

頑張れと声をかけながら、ばらさないようにと祈ってました。

数十秒の格闘の末、最後のドッカンダンパーの波から引き揚げた魚はマゴチでした!

ちなみに後輩が使っていルアーはメタルマルの19グラム(ピンクグロー)を3回巻いては止めてボトムを取るという感じできたとのことでした。

私たちはサーフでの釣りを去年の8月から始めたのでこの時期に大きなマゴチが釣れるとは思っていなかったので驚きました。
夏の魚だと思ってましたので。

しかもサイズは54㎝!子持ちマゴチでした。

今日一日が無駄にならなかったとほっとした半面、真横であんな大物釣り上げられて悔しーーーーーー!!とあきらめきれず、私も同じところへフリッパーを投げました。

スポンサードリンク


ゴツッ!

おっ?生物反応?

その後もなんかあたりがある。

そのまま続けているとグググッーーーと大きなアタリ!

1分ほど格闘したものの引き波のパワーで外れてしまいましたが。青物が食ってきたのではないかと思ってます。

その後も何度か小さなアタリがありました。多分コノシロの群れの回遊にあたったのではないかと思いますが、辺りも真っ暗になり、時間も時間なので今回は諦めて帰ることになりました。

今回は日中全く生物反応がなくなり夕まずめが魚の活性が上がったように実感しています。

悔しさがハンパないので明日夕まずめ狙いでリベンジしてきます!!

車の移動辛いよー(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA