10月秋雨の遠州灘サーフ、粘りに粘ってマゴチゲットしたよ!

どうもD-SUKEです。

大変過ごしやすい季節になってきました!

昼間に釣りをしていてもばてない気温最高です!

てなわけで2017年10月15日遠州灘サーフへ行ってまいりました。

この時期は秋雨前線の影響で毎日のように雨

いやー 最高です!

望むところじゃないですか!

実は去年初めてヒラメを釣った天気が土砂降りという状況だったので雨というのは私の中では釣れるイメージがあります。

それに、雨が降ると他のアングラー、特にキス釣りのおっちゃんもいないので横移動しながら釣りをするにはもってこいの天気です。

今回は前回初挑戦Mくんのヒラメとマゴチを釣ったという報告を聞いてNくんもサーフをやってみたいということで私、M、Nと3人で行ってきました!

まずはいつもの遠浅サーフのポイントです。

やはり雨ごときじゃ動じないヒラメアングラーが暗いうちから入っていました。

我々も負けじとポイントへ

暗いと海の状況がわらからにから私はあまりすきじゃないんですよね。

ガイドがらみも気が付きにくいし・・・

そんなこと思いながらキャストを続けるもアタリはなく、日の出の時間を迎えました。

しかしさすがこの時期の朝まずめは生命感にあふれている

小魚が逃げ惑う姿が見える。

すかさずドラッグメタルキャストへルアーチェンジ!

青物来ないかなとワンピッチジャークをしばらくしてると・・・

ゴッ!

・・・?

軽いなぁ?エソかな?

と上がってきたのなんとソゲ

あのワンピッチジャークに食ってくるとは・・・

あまりに小さなソゲちゃんなのですぐにリリースして

再度、ドラッグメタルをキャスト!

数投後・・・

ゴツンッ!!!

今年最大級の引きだこれは!

私のバンキッシュが唸りをあげる!!

プスン・・・

くぅううっ

バレてもうた。。。_| ̄|○

まぁどうせボラのスレ掛りでしょう笑

その後はMくんがハウルで小さなソゲを鬼の合わせでゲット!笑

今回は幸先いいなぁと思ってましたが、9時まで粘るも釣れず午前の部終了・・・

車の中で2時間ほど仮眠をとり、飯でも食いに行くかーということで、浜松のほうへ何となく車を走らせる。

そういえばとある川の河口が情報によると良く釣れているらしい。

ということで、そのポイントへ向かうことに。

リフトアップしたジムニーが波打ち際まで入れるようなポイント

羨ましいなぁなんて思いながら私たちは浜に入る手前の駐車スペースへ車を停めました。すると一人のアングラーが浜から帰ってくるところで、ブリの子供とカンパチの子供をぶら下げているではありませんか!

今年初めて釣れてるの見た!ということで期待感もMaxで釣りを始めることに。

まずはメタルジグを投げてどれほどの深さかチェックしてみる。

・・・超急深・・・そこをとるまでにめっちゃ時間かかる。

私は正直急深サーフは好きではありません。ボトムまでの待ち時間がじれったいので性に合わないのです。

それにどのレンジを攻めるかという問題も出てきます。

しかし川の河口ということで浜に岬状の地形が出来上がっており、小魚も見えたので、とりあえず青物を意識して早めのワンピッチジャークでひたすら攻めてみました。

・・・釣れん。

ふと川のほうへ攻めていったNくんのほうを見てみると。

何やら銀色に光る魚らしきものを持ち上げてこちらにアピールしているではありませんか!

なんだなんだと走り寄ってみると・・・

でかっ!

ダツです。約85㎝

サーフを始めて1年とちょっといろんな魚を釣ってきましたが、ダツは初めて見ました。

いやーサーフって本当に色んな魚に出会えて面白いですね♪

しかし、その後は何の反応もなく夕まずめの時間に突入する前に元の遠浅サーフに戻ろうということで、再度いつものホームへ向かって移動です。

夕まずめ、残り時間は2時間弱

潮もいい感じに満ちており、所々でボイルが発生している。

また小魚の群れが海面を黒くしている。

これは釣れるはず!とドラッグメタルをひたすら投げる。

も全く反応してくれない><

よし、一旦青物のことは諦めようということで、最近の信頼度№1ルアーで攻めることに。

ヒラメミノーⅢ125F(ジャコピンブルー)です。

ルアーチェンジして数投後・・・

ゴンッ!

キター!

この重みはもって帰れるサイズに違いない!

バレるな!

何がかかったんだ!?ヒラメかマゴチか・・・

結構重いぞ!

そして上がってきたのがマゴチのスレ笑

どおりで重いわけだ

でもまぁ41㎝

何とか持ち帰って食べることができるサイズ!

ということで、この日はこの1匹で終わりです。

雨で3~4匹くらい釣れるかなーと期待してましたが、そう甘くはなかったです。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA